マンションの売却タイミングはいつ?相場や高値で売れるタイミングを解説

2022-05-11

マンションの売却タイミングはいつ?相場や高値で売れるタイミングを解説

マンションを売却しようと思ったときに「どのタイミングが売れやすいか」「相場はどうなっているのか」気になるところでしょう。
マンションの売買市場は、相場や築年数、売り出す時期によって、需要が変化します。
売りに出すからには、最適なタイミングでなるべく高く売りたいですよね。
そこで今回は、埼玉県さいたま市エリアでマンションの売却を検討中の方に向けて、相場や築年数、ライフイベントにおけるベストな売却タイミングを解説します。
ぜひ、参考までにご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

マンションの売却タイミングを相場から判断

マンションの売却タイミングを相場から判断

マンションを売却しようと思ったときに、もっとも気になるのは「いくらで売れるのか」というところでしょう。
マンションの価格は、物件の状態はもちろんのこと、日本の景気にも左右されます。
全体的な不動産市場の相場は、国土交通省が毎月公表している「不動産価格指数」が参考になります。
この不動産価格指数を見ると、2013年以降の不動産価格は全体的に上昇しており、とくにマンションは戸建よりも上昇率が高いです。
2020年6月から7月にかけては、コロナ禍の影響で一時的に住宅総合価格は下落しましたが、その後はまた価格が上昇しています。
コロナ禍以降に、価格が上昇した理由のひとつに「自宅に居る時間が増えたことで住まいに対する意識が変わった」ことが挙げられます。
テレワークなどで自宅に居る時間が長くなると、どうしても部屋の広さや、部屋数が気になってきますよね。
そのため、住宅の住み替えニーズも高まり、埼玉県を含む首都圏の中古マンションの成約価格も上昇しました。
とは言え、今後は経済政策や国際情勢の影響を受けて、不動産価格が下がっていく可能性もあります。
マンションの価格は、日経平均株価に連動する傾向があります。
日経平均株価が下落するとマンションの価格も下落する可能性が高く、2022年現在のウクライナ情勢や世界的なインフレへの懸念などを考えると、今後の先行きには不安があります。
また、2023年以降は住宅ローン金利が引き上げられる可能性もあり、金利の上昇によってマンションが売れにくくなる可能性も。
以上のことから、全体的な不動産市況の相場から判断すると、マンションを高い価格で売却するベストタイミングは「2022年現在」です。
一方で、一年のなかでマンションが売りにくい時期は1月と8月です。
夏は、お盆や夏休みなどで外出が増えるため、不動産取引の需要が下がります。
そのため、現在マンションの売却を検討中の方は、夏までに早めに決断することをおすすめします。
もちろん、物件や立地によってもいくらで売れるかは変わってくるため、埼玉県さいたま市でマンション売却を検討中の方は、弊社までお気軽にご相談ください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンションの売却タイミングを築年数から判断

マンションの売却タイミングを築年数から判断

続いては、マンションの築年数別における売却タイミングを解説します。
結論から申し上げると、築年数は浅いほうが高値で売れます。
やはり、買い手の気持ちを考えると、新しいマンションのほうが魅力的に見えますよね。
とくに、日本の不動産市場は海外と比べても新築を好む傾向にあり、築年数が経つに伴って価格が下落していく傾向にあります。
マンションにおいても、築年数5年以下であれば、新築とそう変わらない値段で売れますが、10年以上経つと一気に価格が下落してしまいます。
そのため、マンションを高い価格で売りたい場合は、築10年以内に売るのがベストタイミングです。
ただし、前章でも述べたとおり、コロナ禍以降は中古マンションの重要も高まっています。
近年は、アメリカの不動産市況の活性化に伴う「ウッドショック」の影響で、日本の新築マンションの価格が高騰しています。
ウッドショックとは木材価格の上昇のことを指し、新築マンションの建築コストに関わります。
建築コストが上昇したことで、首都圏を中心に新築マンションが高騰し、その結果、中間層は新築マンションよりも中古マンションに注目するようになりました。
そのため、現在中古マンションをお持ちの方も、需要が高い今が売りどきです。
とは言え、中古マンションと言っても、やはり築10年未満がもっとも人気のある築年数となります。
築10年を超えると、どうしても設備や部屋が経年劣化し、修繕が必要になったり、修繕積立金が上がったりするからです。
もしも、築年数が10年以上を超えていて売るのがむずかしい場合は、不動産会社に買取依頼をするという方法もあります。
弊社でも、買取査定をおこなっておりますので、埼玉県さいたま市でマンション売却を検討中の方はお気軽にお問い合わせください。
また、築年数が5年以内のマンションであっても、住宅ローンが売却価格を上回るオーバーローンの場合は、注意が必要です。
マンションを売却する際は、売却代金などで住宅ローンを完済する必要があります。
そのため、売却タイミングは、築年数や売却価格だけでなく、住宅ローンの残債も考慮したうえで判断しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンションの売却タイミングをライフイベントから判断

マンションの売却タイミングをライフイベントから判断

相場や築年数だけでなく、ライフイベントをきっかけにマンションの売却を検討する方も多くいらっしゃるでしょう。
一般的には、以下の3つのタイミングで売りに出す方が多いです。

出産を機に売却

出産をきっかけに家が手狭に感じて、住み替えを考える方がいらっしゃいます。
家族に子どもが増えると「もっと部屋数の多い家に引っ越したい」「より子育てに適している環境に引っ越したい」と思いますよね。
その場合は、今住んでいる家を売却して得た資金を新居の購入費用に充てると良いでしょう。
また、住み替えローンを利用して家の売却と新居の購入を同時におこなえば、仮住まい先を探す手間も省け、費用を抑えることができます。

子どもの進学を機に売却

子どもの進学をきっかけに引っ越しを検討する方も多いでしょう。
子どもの進学先が遠い場所だと、毎日の通学に時間がかかって、送り迎えも大変ですよね。
また、電車で通うにしても遠い場所だと心配です。
進学するときに、マンションを売却して学校の近くに住み替えをおこなえば、お子さまも学校に通いやすく、友人とも交流を深めやすいでしょう。

子どもの独立や定年を機に売却

お子さまが就職や結婚などで独立をするタイミングで、売却をする方も多く見られます。
とくに、子ども部屋が多い家に住んでいる方は、夫婦二人暮らしになると子ども部屋が物置となってしまい、掃除も大変ですよね。
また、仕事も定年を迎え、老後の生活を考えて、より利便性の高い都心への引っ越しを検討したり、逆に自然の多い田舎に引っ越してセカンドライフを楽しむ計画を立てたりする方もいらっしゃいます。
一方で、定年後に家を売却しようと思っても、築年数が経っていると「なかなか売れない」と言うこともあるでしょう。
その場合は「リフォームをして売却をする」「不動産会社に買取を依頼する」などの方法があります。
弊社では、マンション売却に関するさまざまな相談を受け付けておりますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は、埼玉県さいたま市エリアでマンションの売却を検討中の方に向けて、相場や築年数、ライフイベントにおけるベストな売却タイミングを解説しました。
2022年は、マンションの相場が上がっているため、売却に適しているタイミングです。
また、新築マンションの価格が高騰していることから、手の届く価格で買える中古マンションの人気も高まっています。
出産や、子どもの進学、定年を機に住み替えを検討する方もいらっしゃるでしょう。
私たち「売却の窓口 上野店」はさいたま市を中心に、埼玉県全域の不動産売却サポートをおこなっております。
不動産売却・買取に関するお悩みがあれば、HPからお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ