なぜ「さいたま市」なの?

2022-07-25


こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます。

普段のお役立ちブログとは別に、さいたま市にまつわるアレコレや、家や不動産の日常などを気ままに更新させていただきます♪

家や不動産はなぜ「さいたま市」に力をいれているのか??


ブログの第2回目でも少しだけ触れたのですが、家や不動産は上野に本店があります。
しかしながら、さいたま市中心にマンション買取、およびリフォーム等を行い再販売を行っています。
(もちろん、上野周辺にも力を入れていますよ!)

なぜ、上野にある不動産屋が「さいたま市」に?
と聞かれることが意外と多いので、今回はその辺りをお話したいと思います。

答え:「上野」と「大宮(さいたま市)」って、隣駅ですよ(新幹線で)

…というのは半分冗談ですが、半分本気です。
上野は古くから「北の玄関」と言われてきました。
東北地方から若者が“集団就職”のために“集団就職列車”に乗ってやってきた駅(終着駅)、それが「上野」駅です。
そんな歴史からも分かる通り、現在でも東北方面に向かう電車は大体「上野」を通り、そこから「大宮(さいたま市)」を抜けて東北の各地へ枝分かれしています。

家や不動産の営業エリアは、上野を起点とした京浜東北線や宇都宮線の沿線に集中させていますので、当然、「さいたま市」が重点エリアとなるんです。

そして、マンション専門店である「家や不動産」が主力として取り扱うのは、「ファミリー向け」の中古マンションです。
それも、「一次取得」と言われる“初めて物件を購入する世帯”が購入しやすい物件に焦点を当てています。
その「一次取得」の平均金額はどれくらいか分かりますか?
実は、国土交通省が「住宅市場動向調査」として毎年報告しています。。

令和3年度住宅市場動向調査報告書のデーターから読み解く!


一次所得者の平均購入資金
・注文住宅:4,879万円
・分譲戸建住宅:4,205万円
・分譲マンション:4,674万円
・中古戸建住宅:2,721万円
中古マンション:3,118万円
(出典:国土交通省住宅局 令和3年度住宅市場動向調査報告書)

台東区のファミリー向け(70㎡~)中古マンションの相場は5,000万円台後半ですので、
平均とは随分乖離がありますね…。

上記のような市場動向や交通の便(要所のターミナル駅を中心にエリアを検討)などを踏まえた結果が、家や不動産の営業重点エリアが「さいたま市」であることに繋がっているんです。

市場動向と言えば他にも、さいたま市の中古マンションは、元の所有者が住んでいた状態のまま…という物件が多く、良質な中古マンションが不足しているという側面も…。
家や不動産としては、リフォーム等の住空間プロデュースをワンストップで行う事で、他社との差別化を図っています!

上野にある家や不動産の店舗にも、お近くに来た際にはぜひお立ち寄りくださいね(^^♪

ご覧いただきありがとうございました!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ