周りに気付かれずに不動産を売却したい!知られたくないときの売却活動などをご紹介

2022-05-31

周りに気付かれずに売却したい!知られたくないときの売却活動などをご紹介

「周囲に気付かれずに不動産売却できないだろうか…」とお悩みではありませんか。
近隣など、周囲に気付かれずに不動産売却を進めたいケースは少なくありません。
今回は、媒介契約や売却活動など、気付かれずに不動産を手放すための方法やコツをご紹介します。
さいたま市を中心に埼玉県内で不動産売却をご検討される方の参考になれば幸いです。

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却するために知っておきたい媒介契約の特徴

気付かれずに不動産売却するために知っておきたい媒介契約の特徴

周囲に気付かれずに、不動産売却をすることはできるのでしょうか?
実は、周りに気付かれずに不動産売却をしたいとお考えの方は珍しくなく、弊社にも多くのご相談やご依頼をいただいております。
近隣など、周囲からできるだけ干渉されないように、売却活動を進めることは可能です。
まずは、周りに気付かれずに売却をするうえで知っておきたい「媒介契約」の基礎知識から解説します。

媒介契約とは?

媒介契約とは、不動産売却をするために、弊社のような不動産会社にご依頼いただき結ぶ契約です。
気付かれずに不動産売却したい場合も、媒介契約を結ぶことで、本格的に売却活動をはじめることができます。
媒介契約は、宅地建物取引業法により、3つの種類に分けられています。
それぞれ特徴に違いがあり、気付かれずに不動産売却をしたいときには、媒介契約の選び方もポイントになるでしょう。

気付かれずに売却をおこなえそうな媒介契約は?

媒介契約の種類ごとに異なるポイントは、主に「複数業者との契約」「レインズへの登録義務」「活動報告の義務」といった点になってきます。
ここでは気付かれずに不動産売却するという観点から、それぞれの種類の特徴を見ていきましょう。
一般媒介契約
1つ目の種類は「一般媒介契約」です。
一般媒介契約は、複数の会社との契約が可能で、レインズへの登録義務がないことが特徴となります。
レインズとは、不動産情報を交換するための、不動産流通機構が運営するネットワークシステムです。
全国の不動産会社が、売り出し中の物件情報や取引事例を検索でき、登録することで不動産売却がしやすくなるといわれています。
一方で、気付かれずに不動産売却をしたい場合、検索される可能性をリスクに感じることもあるでしょう。
一般媒介契約では、レインズへの登録義務がないため、そういった気がかりがないことはメリットです。
また、一般媒介契約には売却活動の報告義務がありません。
複数の会社に依頼した場合には、それぞれに対して、気付かれないように売却したいという要望を伝えることが重要になるでしょう。
専任系の媒介契約
媒介契約には、専任系といわれる契約が2つあります。
「専任媒介契約」と「専属専任媒介契約」です。
専任媒介契約は、依頼を受けて7営業日以内にレインズへ登録することと、2週間に1回以上の売却活動の報告が不動産会社に義務付けられています。
専属専任媒介契約は、依頼を受けて5営業日以内にレインズへ登録することと、1週間に1回以上の売却活動の報告が義務付けられています。
専属専任媒介契約では、売主の方が自ら見つけた相手との直接取引はできませんが、不動産会社と最も密に連携し、こまめな状況報告を得ながら売却活動ができることが特徴といえるでしょう。
専任系の2種類は、どちらも1社のみの契約となります。
そのため、不動産会社と連携しやすく、気付かれずに売却活動を進める工夫も徹底しやすいでしょう。
また、いずれの媒介契約も、気付かれずに売却したい場合には、事情を不動産会社に相談することが大切です。
弊社では、「気付かれずに売却したい」という方のご希望や事情をうかがいましたら、周囲に気付かれないようにさまざまなシーンで細心の注意を払いながら、売却まで丁寧に尽力させていただいております。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却する「売却活動」についても理解しよう!

気付かれずに不動産売却する「売却活動」についても理解しよう!

媒介契約を結ぶと、いよいよ売却活動を開始します。
気付かれずに不動産を売却するためには、「売却活動」の進め方もポイントになってきます。
どのような売却活動があるかについて見ていきましょう。

個人間売買

買主となる方が身近にいる場合、売却活動をせずに、個人間売買をするという方法があります。
しかし、近隣トラブルによって売却する場合などは、知人であっても購入のハードルが高くなることも考えられます。
また、不動産取引には法的な知識や専門性の高いノウハウが必要です。
個人間売買は慎重に取り組む必要があるでしょう。
気付かれずに、かつ安全に不動産取引をするには、弊社のような売却を得意とする不動産会社にご依頼いただくと安心です。

不動産会社の顧客リストに向けた売却活動

通常の不動産売却では、売却活動としてチラシやインターネット広告などを出し、広く購買検討者を募ります。
しかし、周囲に気付かれずに不動産売却するときには、広告から近隣に知られる可能性もあるため、控えることになります。
そこで不動産売却に向けて力を発揮するのが、不動産会社の顧客リストです。
不動産会社が所有する独自の顧客リストから、物件に興味を持ちそうな顧客に対して直接紹介します。
この売却活動では、不動産会社が見極めながら、物件の良さを直接顧客に伝えられる点もメリットです。
また、売却は地域に密着した不動産会社に依頼することで、そのエリアに興味を持つ購入層ともつながりやすいでしょう。
弊社はさいたま市を中心に、埼玉県全域の不動産売却に精通しており、売却活動をする方のお役に立ちます。

買取

気付かれずに不動産売却したい場合の売却活動として、不動産会社の「買取」は手堅い方法といえるでしょう。
通常の不動産売却では、見学者が度々現地を訪れることで、周囲に知られてしまう場合もあります。
しかし買取では、価格や引き渡し時期が決まると、スムーズに売却へと至ります。
広告を出さないため、気付かれる可能性は低いでしょう。
また、買主は不動産会社となるため、売却後のトラブルにならないことや、買取では仲介手数料がかからないことも魅力です。
気付かれずに不動産売却したい場合、弊社なら仲介による売却活動はもちろん、買取をご検討いただくことも可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産を売るため知っておきたい「売却期間」の目安

気付かれずに不動産を売るため知っておきたい「売却期間」の目安

気付かれずに不動産売却をするときには、できるだけ早く手放したいと考える方が多いでしょう。
そこで、不動産売却にかかる期間の目安も解説します。

売り出し前の期間

不動産売却の流れは、売り出しの前からはじまっています。
この期間に査定や媒介契約をおこなうほか、ご自身で相場をつかむための情報収集をしておくことも大切です。
「2週間から1か月」ほどの期間になるのが一般的です。

売り出し中の期間

売却活動から売買契約までをおこなう期間としては、通常「3か月から6か月」ほどかかります。
気付かれずに不動産売却する場合には、広告を抑えるため、時間を要すケースもあるでしょう。
とはいえ周囲に気付かれずに手放すには、長引かないことが重要です。
買取であれば、売却活動が不要なため、期間も短縮できます。
弊社では、現金化までの期間も早くなるよう努めさせていただいており、買取による売却も実績豊富です。

売り出し後の期間

売買契約を結んだ後には、決済と引き渡しに「1か月から2か月」ほど見ておくとよいでしょう。
この期間には、買主が住宅ローンの審査もおこない、時間がかかるケースもあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

気付かれずに不動産を手放すための売却活動を解説しました。
買取なら買主を探す時間が必要なく、早期売却が可能です。
「売却の窓口 上野店」では、さまざまな事情で気付かれずに売却したい方のサポートをしております。
さいたま市を中心に埼玉県内で周囲に知られず不動売却したい場合は、弊社の無料査定をご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ