10区の「区の花」part1

2022-06-02

こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます♪


本日もいい天気で気分が上々


家や不動産スタッフブログ元気に更新していきます!



10区の「区の花」



10区の「区の花」とは、さいたま市制10周年を記念して、区の緑化推進のシンボルフラワーです。


各区民の皆さんに親しまれるよう積極的に活用することで、緑化の機運を高め、生命感や躍動感に


あふれ、市民一人ひとりが生き生きと心豊かに暮らせる、花と緑の豊かなまちづくりを推進しま


す。


本日は、3つの区の「区の花」紹介していきます!


西区


制定した理由


梅雨の風物詩として広く親しまれ、区内の「指扇氷川神社」では、アジサイの見どころとして地元


ボランティアの皆さんにより育てられています。


名の由来は、青い花が集まっている様子「集真藍(あづさあい)」から転じたとも言われ、区の色


「青色」が連想されます。


北区


制定した理由


春、一面に広がる菜の花畑は壮観であり、また、どこか懐かしく、親しみ深いものとなっていま


す。


市民の森(見沼グリーンセンター)南側の菜の花と風車との風景は、北区の風物詩となっていま


す。


大宮区



制定した理由


区内各所でその美しい姿を見ることができる「さくら」の花は、多くの区民から親しまれていま


す。ソメイヨシノをはじめ約1,000本の桜が咲き誇る大宮公園は、「さくら名所100選」に選定され


ており、春になると「さくら」見物に多くの人々が訪れます。


植物が多い町は「いい町!」というイメージがあります!


残りの7つの「区の花」も紹介していきますので、お楽しみに(^^♪


最後までご覧いただきありがとうございます!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ