10区の「区の花」part3

2022-06-07

こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます♪

本日は昨日に引き続き、さいたま市10区の「区の花」残りの4つをご紹介いたします(^^♪

10区の「区の花」


浦和区

ニチニチソウ


初夏から晩秋まで次々に花を咲かせ続け、夏の炎天下でも元気に育ちます。花の色は浦和区のイメージカ


ラーである赤をはじめ白、ピンク、紫などがあり、浦和区の元気なイメージにぴったりの花です。


南区


ヒマワリ


区の色であるレモン色にちなんで選ばれたヒマワリは、区の色と同様に花の特徴が南区の若々しいイメー


ジに合っている花です。


緑区

さくら


春、見沼代用水西縁・東縁をピンクに縁取るサクラは、花見のスポットとして多くの方に親しまれていま


す。平成29年に、見沼代用水西縁・東縁・見沼通船堀を結ぶ桜回廊は、総延長20キロを越え、「散策で


きる日本一の桜回廊」になりました。


岩槻区

やまぶき


岩槻ゆかりの戦国武将太田道灌の「山吹伝説」により、区民に広く親しまれています。区内各施設等に植


栽され、やまぶき色は区の色にも選ばれています。


以上で10区の「区の花」すべてのご紹介になります!


最後までご覧いただきありがとうございました♪



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ