マンション売却の失敗事例を解説!対策も知って失敗しない売却をしよう

2022-09-16

マンション売却の失敗事例を解説!対策も知って失敗しない売却をしよう

マンションは大切な資産であり、売却するとなれば大きな取引となります。
失敗しないマンション売却のためには、事前に知識を備えておくことも有効です。
そこで今回は、さいたま市を中心に埼玉県全域でマンション売却の実績を誇る弊社が、売却をお考えの方に向けて、失敗しないためのコツやポイントを解説します。
マンション売却の失敗事例と対策など、ぜひ参考にご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

実は失敗している方が多い?マンション売却を失敗する理由とは

実は失敗している方が多い?マンション売却を失敗する理由とは

人生において、マンション売却を何度も経験するケースは少ないでしょう。
しかし、実際には初めてという方も含めて、マンション売却に多くの方が取り組んでいらっしゃいます。
まずは、マンション売却をされた方が感じていることや、失敗した場合の理由に迫ってみましょう。

失敗したと感じる方が多い理由とは?

実は、マンション売却について失敗したと感じている方は多いといえるでしょう。
というのも、マンション売却することに慣れており、経験が豊かといえる方は少数です。
初めて取り組まれるケースなどのほうが多いです。
なかには手探りで進められる方もいらっしゃるでしょう。
一般的な失敗として、「売却した後に売ったお金に税金がかかるとは知らなかった」「すぐに売れると思い込んでいた」「イメージしていたより安い価格になった」といったケースなどを耳にします。
これらを失敗と感じていた理由には、マンション売却に対する知識が関係しています。
マンション売却にかかる税金や、売却までにかかる期間、また時価であることなどを知らなかった場合に、「失敗してしまったのではないか」と感じるケースも多いようです。
言い換えれば、ポイントとなる知識をおさえることで、失敗を防ぐ可能性が高められるでしょう。
とはいえ、マンション売却に関する知識には専門的な情報などもあり、ハードルが高く感じられるかもしれません。
一からそういった情報を身につけていくことも大変です。
しかし、一般的に多い失敗事例を知ることで、効率良く失敗しないマンション売却のポイントやコツをつかむという方法もあります。
そして、大切なことは事例とともに、対策を押さえておくことです。
次の章では、これからマンション売却をする方が知っておきたい失敗事例とあわせて、マンション売却の専門店としてノウハウをもつ弊社が有効な対策についても解説します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却の3つの失敗事例と対策を解説!

マンション売却の3つの失敗事例と対策を解説!

失敗しないマンション売却のために、押さえておきたい3つの事例をご紹介します。
失敗事例ごとの対策もあわせて見ていきましょう。

事例➀時間に余裕がない

マンション売却において、よく聞かれる失敗は「思っていたより時間がかかった」「時間がなくて焦り、売り急いでしまった」という事例です。
とくに、売主となられるご本人が忙しいときにマンション売却に取り組む場合など、思ったように対応できず、焦ってしまうということもあるでしょう。
このような失敗を防ぐ対策として、まずはマンション売却にかかる期間を把握することが大切です。
一般的には、売却に3か月から6か月ほどの期間を要するといわれています。
マンション売却のステップは媒介契約、売却活動、内覧、そして買主が見つかったら申込が入り、交渉を経てから売買契約、引き渡しという流れで進んでいきます。
物件によっては、買主を探すための売却活動の期間だけで3か月かかることも珍しくありません。
そのため、時間に余裕を見て売却計画を立てることが大切です。
また、売却までにさまざまな必要書類を用意します。
役所からの交付が必要になるものなど、用意に時間がかかるものもあります。
必要書類についても早めに確認し、準備をはじめることで、マンション売却がスムーズに進みやすくなるでしょう。

事例②売り出し価格が高すぎる

売り出し価格が高すぎることで起きる失敗事例も多いケースです。
大切な資産であるマンションは、できるだけ高く売りたいものです。
一方で、買主の方は少しでも安く買いたいと考えていますから、高すぎる価格設定をしてしまうと敬遠されてしまいます。
「売却を急いでいない」という場合も、高すぎる売り出し価格には注意が必要です。
というのも、売れ残ってしまうと、結果的に大幅な値下げが必要になってしまう失敗事例もあるからです。
対策としては、相場を知ることが有効です。
周辺エリアで条件の類似する物件の相場を調べてみましょう。
後から大幅な値下げが必要になるといった失敗を防ぐには、適正価格で売り出すことが重要です。
適正価格については、地域に精通した不動産会社にご相談いただくことが成功の秘訣です。
弊社では埼玉県に密着し、数多くの実績とノウハウを培っていますので、地域特性を踏まえた適正価格のご提案が可能です。

事例③値下げをしすぎた

失敗事例として、値下げをしすぎるというケースも多いです。
売り出したもののなかなか反響がなく、ようやく内覧に進み、交渉が入ったことで「売却の機会を逃したくない」という思いから、相場以上の値下げをしてしまうといった場合です。
しかし、値下げ交渉は必ずしも応じなくてはならないものではありません。
対策としては、値下げできるラインを決めておくことが良いでしょう。
「この金額以上で売りたい」という価格が決まっていれば、値下げをしすぎるといった失敗を防ぐこともできます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

マンション売却で失敗しないための3つのポイントを解説

マンション売却で失敗しないための3つのポイントを解説

失敗しないマンション売却をおこなうには、ポイントがあります。
最後に、マンション売却の専門店としてノウハウを培ってきた弊社が、失敗しない売却のための3つのポイントをご紹介します。

準備は早めにおこなう

マンション売却に取り組み、売却活動を本格的にはじめると、引っ越しの手配やさまざまな手続きなどで忙しくなります。
すると、本来の目的であるマンション売却のために必要な準備に、手がまわらないといった失敗を招いてしまうでしょう。
そこで、失敗しないポイントとしては、必要な準備は後回しにしないということです。
たとえば、必要書類の準備をはじめ、ローン残高の確認、相場の把握といったことなど、早めに済ませてスムーズに売却を進めましょう。

見学者の目線で内覧に対応する

内覧は、マンション売却において重要なポイントです。
失敗しない内覧のために、見学者の目線になって準備や当日の対応をすることが大切です。
内覧前であれば、見学者の印象を良くするために掃除を徹底しましょう。
とくに見られる水回りなどは、汚れが目立つことのないようきれいにしておきたい場所です。
当日は、見学者に集中してじっくり見てもらい、購入を検討してもらいやすくするためにも、基本的には見守る姿勢での対応をとると良いでしょう。

気になることは不動産会社に相談する

何度も経験することがなく、大きな取引となるマンション売却は、進めるなかでさまざまな疑問や不安がわくこともあるでしょう。
そのようなとき、気になることがあれば、すぐに不動産会社を頼っていただくこともマンション売却を失敗しないポイントです。
適切な対応やアドバイスを得るためにも、マンション売却を得意とする不動産会社をパートナーにしましょう。
埼玉県内でのマンション売却の実績を誇る弊社では、地域の方のお役に立てるよう真摯に売却をサポートさせていただいております。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

マンション売却に多い失敗事例と対策などを解説しました。
「売却の窓口 上野店」では、さいたま市を中心とする埼玉県全域でのマンション売却に対応しております。
弊社ではわかりやすい説明と丁寧なサポートを心がけ、地域の方からも信頼を寄せていただいております。
初めてマンション売却される方もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-5844-6515

営業時間
9:30~18:30
定休日
日曜日・祝日・第一土曜日・第三土曜日・GW・夏季・年末年始

売却査定

お問い合わせ